<南あわじ圃場>

南あわじ市伊加利

一番手前(南側)には灌漑用ため池があり、地形的にはここがどんつき。

周りの田畑と隔離されています。

ため池の土手から北の方向を撮影しました(全景)右から上段の畑(右奥)、中段の畑、下段の畑
ため池の土手から北の方向を撮影しました(全景)右から上段の畑(右奥)、中段の畑、下段の畑

(近景)上段の畑(12月23日の様子)

 (近景)中段の畑(12月23日の様子)

(近景)下段の畑(12月23日の様子)

圃場面積:合計約900平方メートル


<徳佐圃場>

山口市阿東徳佐

山口県と島根県との県境に位置し、その気候特性から

リンゴなどの果樹、米、肉牛肥育が盛んな地域です。

1月25日 雪に埋まった徳佐圃場。この下の眠っているタマネギの苗がどうなっているか心配です。
1月25日 雪に埋まった徳佐圃場。この下の眠っているタマネギの苗がどうなっているか心配です。

12月29日の徳佐圃場全景。一昨日の深夜に降った雪も徐々に溶けてきていますが、気温は3度と寒いです。
12月29日の徳佐圃場全景。一昨日の深夜に降った雪も徐々に溶けてきていますが、気温は3度と寒いです。

11月16日 朝霧にけむり本格的な冬の到来を予見させてくれる。寒暖差で湿潤な空気感が淡いベールとなって幻想的。
11月16日 朝霧にけむり本格的な冬の到来を予見させてくれる。寒暖差で湿潤な空気感が淡いベールとなって幻想的。

この時期は渋柿の収穫が楽しみな徳佐圃場です。

丁寧に皮を剥き、吊るし柿にします。1ヶ月もすれば干し上がり、縄から外して箱に詰め置いておくと白い粉吹き柿となり、それは味わい深いものです。

 

畑は終了していて、この先の凍てつく寒さの中ではしばらくは作業もありません。

圃場面積:約50平方メートル